現代を反映している心療内科の出現と必要性

現代を反映している心療内科の出現と必要性

心療内科とはどんなところ?

現代は非常に複雑化社会になっており、ストレスや不眠、疲労感を抱えながら生活する人が増えています。その流れに反映するかのように、心療内科が増えています。内科と一緒であったり、心療内科専門の病院などありますが、どんなところなのでしょうか?心療内科は心身症を扱うところです。内科の一部として考えるとわかりやすいかも知れません。主に、身体の症状について診療や診察、アドバイスをしながら治療法について考えてくれます。


精神科や神経内科との違いは…

心療内科は、心身症を扱うところですが、精神科と区別がしづらかったり、精神科という名前に抵抗があって行く人も多いようです。精神科は、精神的疾患について、心の不調について診るところ、神経内科は脳神経系の疾患について診るところですので、やはり区別をするのは難しいかも知れません。例えば、ストレスが原因と思われる身体の不調は心療内科に、抑うつなど、同じストレスが原因と思われても、心の不調がある場合は精神的に…という風に考えると分かりやすいかも知れませんね。迷った場合は、事前に電話で問い合わせするといいでしょう。


心療内科が扱う主な症状や病気について

身体の不調を診るところではありますが、精神的なものに作用している場合でも、心療内科での受診は可能です。パニック障害、不安障害、神経衰弱、外傷後ストレス障害、睡眠障害、摂食障害など、身体に影響のある症状、内科との関連がある場合は、身体の不調を治す事が大切です。生活改善方法、投薬治療法など身体や心のケアについても相談、治療を行います。現代はストレス社会です。どんなに気を付けてもストレスを完全に排除することは出来ず、知らず知らずのうちにたまってしまいます。そして、身体の不調は大切な信号です。心療内科は、現代になくてはならない大切な存在と言えるでしょう。



岡山の心療内科は心の病に対して非常に丁寧に対応をするのでストレスや悩みを抱えている場合には訪れてみるのも良いでしょう。