違いがある?包茎のタイプ別の特徴と手術の必要性

違いがある?包茎のタイプ別の特徴と手術の必要性

最も多い?仮性包茎とは?

3種類ある包茎のタイプの中で1番多い症状となっているのが、仮性包茎です。日本人の場合、成人男性の60%程度が仮性包茎とされていると聞くと驚く方も多いですよね。仮性包茎はそれほどメジャーな包茎のタイプなんですよ。特徴としては、平常時は、亀頭部分が皮に覆われているといった点が挙げられます。勃起時に亀頭が自然と露出するタイプや痛みを感じる事なく皮を剥く事が出来る事も特徴なんですよ。性行為も問題なく行う事は可能ですが、普段皮に覆われている事で刺激に弱く、早漏気味になったり通気性が悪い事で恥垢が溜まりやすい事や悪臭を放つ事がある事から治療をする事が推奨されています。


包皮口が狭い!カントン包茎とは?

3種類の包茎の中で1番耳にする機会が少ないのがカントン包茎です。初めて聞いた知ったといった方も中にもいるのではないでしょうか?カントン包茎は、包皮口が極端に狭くなっている事から勃起時に亀頭を露出させる事が出来ないといった特徴があります。自身の判断で無理に亀頭を露出させようとすると元の状態に戻らなくなってしまったり、鬱血してしまう場合がある事から出来る限り早い治療を受ける事が必要となっているタイプの包皮です。


普段の生活にも支障をきたす?真性包茎

1番重症だとされているのが、真性包茎です。平常時・勃起時を問わず亀頭を露出させる事が出来ない事や皮を剥こうとすると激しい痛みを感じるといった特徴が挙げられます。亀頭と包皮が癒着している事が原因とされていて、清潔さを保つ事が出来ない事から放置してしまうと炎症を起こしたり、包茎ではない方と比較すると性病に感染する確率が高いといった様々なデメリットがあります。現在では、手術した痕が目立たない治療方法もあるのですぐに治療する事と良いでしょう。



包茎にはいくつかの種類があり、亀頭が完全に包まれている場合は、真性と呼び、勃起時のみ亀頭が現れる場合は、仮性と呼びます。